2019.04.04もこぼっくすコラム

103万円?130万円? 給与の手取りが変わる「扶養の範囲」についてわかりやすくお話します!

 

「103万円?130万円? 給与の手取りが変わる「扶養の範囲」についてわかりやすくお話します!」

子育てしながら働くときに、

「扶養の範囲内で働きたい!」と考えられている方って多いですよね。

扶養の範囲内だと「税金を支払わなくて良い」とか「社会保険に入らなくてもよい」とか言われています。

 

ところで、その「扶養の範囲」って、どの金額までが範囲なのでしょうか?

年収100万円?110万円?120万円?

いくらまでだったら「扶養の範囲」内でお給料がもらえるのでしょう?

実は「扶養の範囲」は「2つ」あるのです!

それは【税制上の扶養】と【社会保険上の扶養】となります。

 

【税制上の扶養】

「年収103万円の壁」と言われるものです。

年収103万円を超えると「所得税」が発生してきます。
いわゆる国民の「納税の義務」が発生する訳ですね。

年収103万円までの範囲内でしたら、自分のお給料から所得税の支払いが発生しません。

また、ご主人の給与からも「配偶者控除(38万円)」を受けることができます。
すなわち、ご主人の手取りが年間5万円ぐらい増えることになります。

*この配偶者控除が受ける壁が2018年から変わり、
年収150万円以下なら38万円の配偶者控除が受けれるようになりました。
(もちろん、ご自身の所得税は発生します。)

 

【社会保険上の扶養】

「年収130万円の壁」と言われるものです。

この金額を超えるとご主人の【社会保険の扶養】から外れ、
ご自身自らが社会保険の被保険者となります。

そのため、お給料からは社会保険料(医療保険と年金の掛け金)が引かれるようになります。
この社会保険料は会社と折半なので、半分の金額なのですが、それでも手取りから毎月2万円以上が引かれてしまいます。
(実際には勤務日数や一日の時間など色々な条件で判断されます。)

年金で将来に返ってくるお金とはいえ、毎月2万円以上引かれると生活が変わってきますよね。

*社会保険上の扶養の壁にはもう一つあり、それが「年収106万円の壁」です。
様々な条件がありますが、代表的な条件として、
従業員が501人以上の会社で、週20時間以上働いた場合です。
大きな会社だと、社会保険の加入義務の敷居が低くなってしまうのです。

 

結局、どのくらい働ければ、夫婦の手取り金額としてメリットが大きいのか?
という計算は難しいのですが、年収130万円以上で働くのであれば、年収が上がれば上がるほど、手元に残るお金は増えていきます。

社会保険に入ることで、現在(現役世代)の手取りは減りますが、将来(リタイア後)のお金(年金)は増えていきます。

現役世代にお金が必要なのか? リタイア後にお金が必要なのか?

ライフプランを確認しながら、「扶養の範囲」という言葉に捕らわれず、
自分らしい働き方を探してみましょう!

過去のコラム記事

2019年1月9日
ママの気になる!子どもの学費どうしてる?今日からできるやりくり術!

平成30年12月14日
自分で撮るからこそ楽しい!おひるねアート®~子育てにエンターテイメントを

平成30年11月26日
学校では教えてくれない、お金についての5つの真実

平成30年11月15日
知ってる?親子で楽しい「おむつなし育児」

平成30年11月9日
「著作権」「肖像権」のお話

平成30年10月18日
主婦必見!得する保険の見直しワザ ~かしこいママの保険見直し術~

広告・掲載申込みはこちら
広告・掲載申込みはこちら

もこブログ広場
愛媛のお店ブログを掲載中

もこぼっくす学ぶ
愛媛の子どもの習い事情報サイト

母子箱・もこぼっくす
愛媛の子育て情報コミュニティサイト

HOUSEリサーチ愛媛
あったらいいな!がカタチに。
WEB内覧会で建築事例をたくさん見よう!HOUSEリサーチ愛媛

最新記事

2019.08.19
YuMeleキッズまつり 2019年9月7日
2019.08.19
輝くパーソナルカラー&カラーセラピー体験会 2019年8月10日☆イベントレポート
2019.08.19
ママ友募集
2019.08.09
「はじめてのトランポリン第10弾!」開催! 2019年8月25日
2019.08.09
キッズヨガを開催します♪ 2019年8月18日

人気記事

    2019.08.19 に投稿された
    YuMeleキッズまつり 2019年9月7日
    2019.08.9 に投稿された
    「はじめてのトランポリン第10弾!」開催! 2019年8月25日
    2019.08.19 に投稿された
    ママ友募集
    2019.02.22 に投稿された
    もこぼっくすLINE@はじめました☆
    2017.02.6 に投稿された
    翠泉書道教室(松山教室)さん☆もこママ訪問レポート(松山市)
To Top.